訴訟記録

著者 浦 三寿々

二度とこのような悲劇を起こしてはならない。私に課せられた使命があった。

著者である浦三寿々は家具店を経営しており、事業拡大をするにあたり事件はおきた。 人を信じてきたもの、全て裏目にことが進み浦三寿々は心まで病んでしまった。そして、大切な息子までも事件に巻き込まれ死に追いやってしまった。何度も裁判を繰り返してきたもの、和解という二文字に納得するしかなかった。二度とこのような悲劇を起こしてはならない為にも筆をおろした。

ISBN978-4-434-10927-0        判4/6 本体価格1000円