近代日本の愛国思想教育(下)

著者 坂口茂

家族制度と愛国思想
我が日本国の美風の一つとされた「家族制度」「祖先崇拝の念」が、明治以降の我が国の愛国思想教育にどのように関連していたかを中心に論じ併せて「武士道」「大和魂」論、及び学校体育での兵式体操の軍事教練化への過程を論じた書である。

ISBN4-434-01279-7    A5判 本体価格 3000円