近代日本の愛国思想教育 続巻

著者 坂口茂

明治後半期の道徳教育から現代の教育界に於いて、論ずる。戦前は教育活動の根源的精神と展開され教育勅語を基本として、いわゆる「愛国心教育」であった。しかし、最近ではどうであるか? 著者は「日本国憲法」の基本的精神を教育原理として、憲法学習を今の教育で展開すべきと考えている。ひたすら学究的な立場から、明治〜第二次世界大戦に至るまでの教育と政治・社会の 関係のありさまを徹底検証。日米ガイドライン、日の丸・君が代の法政化に成った今だ からこそ押さえておきたいこの問題。二度と苦難の歴史を繰り返さない為に、思想教育 が構築されていった経過とメカニズムを徹底的解き明かす。 

ISBN4-434-03363-8            A5判 本体価格 4000円