ある画家の回想

著者/安彦 志津枝


美術評論家/佃堅輔氏は「情念のオカスは歳月と共に、詩人を純粋化へと向かわせるのだろう《とメッセージを送る。その裏には、透明で軽やかな詩、ときには強い示唆に富んだ作品は読み手の心を気持ちよく挑発するとも語る。 目次から
・永遠について・ある連鎖・朝の幻想・神話の頁・海の幻想など15篇の詩を綴る。

ISBN978-4-434-14474-5        判B5 本体価格1100円