花のお江戸で

著/赤池 三男

-元木っ端役人の泣き笑い-

本書は著者が国税庁の国家担当として勤務していた当時のエピソードを柱に綴った。 政治家から芸能人まで登場人物は多彩にコミカルな言い回しで表現。自らを「木っ端役人」と言うユーモア感覚に溢れた語り口は、やわらかく思いやりのあるところが随所に目立つ。国会対策の裏側の視点から当時の事件、田中金脈やロッキード政府内部で経験し、著者が当時のメモを基に記録として残し、˝花のお江戸で˝と言うタイトルで一冊の書に綴った。

ISBN978-4-434-12151-7        判/A5 本体価格1429円