伊都国と渡来邪馬壹国

著者 佃 收

−「古代史の復元」シリーズA−
後漢時代の倭国は朝鮮南部にあった。桓帝・霊帝の末、韓とワイは近隣を侵す。倭人は韓の侵略を受け「倭国大乱」となる。204年頃、公孫康は韓とワイを伐った。倭国も伐たれて支配下に入るが、その後北部九州に逃げて邪馬壹国を建国する。景初二年(238年)に朝貢して倭国を日本列島に再興する。

ISBN4−7952−7498−3     A5判 本体価格 2200円