カレコレ・ハローワーク

作/絵 天野いわと

平成絵話 21世紀昔話

父と子の物語の舞台は1995年、淡路大災害で我が子を失った父親の慟哭と狂気、そして悔悟から始まる。全てを失っていた父は「絶望から逃れるには、仕事をすることだ《と人に言われ父はローワークで再就職を探すことに…。仕事を紹介してもらうのだが、その仕事の内容が非現実的なものへと…、父はこんな仕事あり得ないと…文句を言う。その原因は、「悲しみから逃れようとしてあなたは現実逃避しようとしている…《と答えが返ってきた。その意図は?

ISBN978-4-434-11670-4        判4/6判 本体価格1200円