「健土健民」への招待

著者 仙北 富志和

自然の破壊とその再生、環境保全と農業のあり方といったことが、地球規模での課題となっている。本書は足尾の鉱毒事件の闘いに生涯を捧げた田中正造の軌跡を概観した上で、正造を師と仰いで寒地農業の確立と農村青年の教育に多大な功績を残した黒澤酉蔵の「思想と行動」を検証することをメインとして、地域農業の活性化の提言などを行う。

ISBN4‐434‐06348‐0           4/6判 本体価格 1000円