こころの象 (かたち)

著者 日野 晃


最後の達人初見良昭師に観る日本の象
「こころ」とは、生命そのものの生き抜く力を源とした感性が作り出す揺らぎである。そしてその揺らぎを増幅させる「自我」。人は感性の揺らぎ、つまり、感動を伴った問題意識が目覚めた時、初めて自我に対面しなければならなくなる。それを乗り越えた時、こころは自我からの束縛から逃れ無限の自由を得る。その過程を武道の達人から分かり易く解説した書である。

ISBN4-434-02039-0           4/6判 本体価格 1700円