満月のいちょう

作/小林 けひこ 絵/吉村 竹彦

満月の夜、「いちょうの木の下さ行ってみろ。すばらしく美しいもの見られっから」 鼻メガネからそう言われて、つね子ととめ吉が、神社の裏側にあるいちょうの木を見に行くと…。そこには、黄色い光がぽーっと浮かぶ・・・。方言とユーモアが表現するイチョウのお話3部作、第3弾。

ISBN978-4-434-11218-8        判/A4変型 本体価格1200円