裁判員制度のような裁判員制度でない話

著者/尚古 道英

-エッセつれづれ-

裁判員制度から奇想天外な人生論エッセへの跳躍
第1章 わたしの中の裁判イメージ
第2章 開けてビックリ玉手箱
第3章 継続か反対か、あるいは
第4章 この章をもってひとまずおしまいです
この書は、裁判とはおよそ関係のない一市民が裁判員制度を学びながら、心に浮かぶままをとりとめもなく綴ったお話です。

ISBN978-4-434-14476-9        判4/6 本体価格1200円