サッカリンの真実
糖尿病・肥満の患者よ、
サッカリンを食べよう

著者/金東吉 訳者/林宣廷

  サッカリンは、ガン増殖に必要で重要な役割をする炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase IX)という唯一のたんぱく質と結合し、たんぱく質を無効にする抗ガン作用があるという事実を発見した。 サッカリンは有害物質でも発ガン性物質でもない。 サッカリンは砂糖の300 倍ほどの甘味があるのにカロリーはゼロ、血糖指数もゼロ。砂糖の摂取を控えるべき糖尿病患者や肥満患者にとってはまさに祝福すべき甘味料と言っても過言ではないだろう。

ISBN978-4-434-21874-3        B6判 本体価格1,200円