祝祭

文/加藤 浩文  絵/溝口 ゆかり

とあるジャズ喫茶で好きなアルバムを聴き心に浮かぶ一説、
まさに祝祭…特別な時間と語る。
そこに、絵が描かれたことで贅沢で豊かな世界だと感じる。
著者は東日本大震災を経験していた。
祝祭の一説から
いま、ここに在るということ
さらに いま、ここが在ること
在るという奇蹟
存在まで立ち還れば、全ての属性は捨象される
常に存在から測ること
存在から測れば、生きていることは、それだけで祝祭になる

ISBN978-4-434-19379-8            B4変型判 本体価格 1200円