神武・崇神と初期ヤマト

著者 佃 收

−「古代史の復元」シリーズB−
伊都国は倭国(邪馬壹国)との戦いに敗れ東へ逃げる(「神武東征」)。 270年頃、神武天皇は大和へ入り、纏向王権を倒し、磐余王権を樹立。崇神は中国大凌河上流の夫余族の一派。285年に鮮卑慕容氏に伐たれて日本列島に逃げてきて崇神王権を樹立。

ISBN4−7952−2683−0      A5判 本体価格 2200円