遠い海までてらせ!   日本図書館協会選定 

作/青木 雅子 絵/高田 勲

日本で最初の
女性灯台守・萩原すげ物語
 日本で最初の女性灯台守、萩原すげさんの一生を描いた児童小説。国交を求める黒船が、伊豆近海に姿を現すようになった天保14(1843)年頃、祖父から父、為次郎へ「のろし台」「灯明台」そして、洋式の「稲取灯台」へと進歩する萩原家、灯台守の歴史を引き継ぐため、歩いて下田まで通い、16歳で管理資格を取得したすげとその家族の物語が分かりやすく感動的に描かれている。

ISBN4‐434‐04889‐9         A5判 本体定価1200円