うるし木の娘

作/内田 映一  絵/ 金成 泰三

江戸時代から明治にかけての時代に収録した作品を編んでみた作品です。 時代によって世間は変化しても、人としての心の動きは、いつの時代でもかわりませんでした。
表題作 「うるし木の娘」は、明治十七年に組織された農民が武装蜂起した秩父事件に埋もれずにふんばった少女を描いた物語です。
―もくじより―
■ 黄色いぼたん
■ きつね剣法
■ 石造りの山犬
■ うるし木の娘

ISBN978-4-434-14424-0            判 A5 本体価格 1200円