和同開珎物語
日本図書館協会選定 

作/木内 恭子  絵/ 高田 勲

学生のころ歴史で習って「和同開珎」という言葉はわかっていると思います。だが、秩父の黒谷というところから産出したこと、珍しい和銅からできていることなど…わかっているのでしょうか?
そこで、千三百年前「和同開珎」が果たした大きな役割と、続日本紀をはじめとする日本最古の貨幣であること、和銅の歴史についてのお話です。
たとえ埋蔵量が少なくとも、初めて流通する貨幣を作ったということで大きな意義があるのでした。

ISBN978-4-434-14373-1            判 A5 本体価格 1200円