倭人のルーツと渤海沿岸

著者 佃 收

−「古代史の復元」シリーズ@−
前1200年頃、倭人は中国の呉地方に居た。「呉越の戦い」で呉滅び、倭人は北へ逃げて渤海沿岸をまわり大凌河の下流域に住み着く。前194年、衛氏朝鮮の侵略を受けて朝鮮半島南部(高原原)へ逃げる。前108年、倭人は北部九州へ逃げる。 (「天孫降臨」)。

ISBN4−7952−7497−5     A5判 本体価格 2200円