八重のいちょう 
日本図書館協会選定 

作/小林けひこ 絵/吉村 武彦

 盃山のふもとには、大っきないちょうの木があんのよ。八重のいちょうと言われている。
八重は占いばばと住んでて、薬草をせんじて年寄りの病気ば、治したりしていた。ある日八重を嫁にという話があったが・・・ばばは、・・・

ISBN4‐434‐04664-0         判/A4変型 本体定価1200円