ゆきの花

文/加藤 浩文  絵/千葉 宏美

北のまちのお話です。男の子がマンションから何が見えるのでしょう・・・

そこには、大学の校舎の農場です、ヒツジたちがねそべったり、すずめたちがのんびりと過ごしています。こんなに楽しい景色なのに・・・男の子はなぜか寂しそうです。 じつはお母さんが入院しています。寂しさをまぎらわすのに男の子は飼っているインコに話をするとインコからすずめへ、すずめからヒツジへと話が伝わります。男の子を元気にすることを考えます。

すると・・・ある日、雪がふんわり降ってきました。ヒツジたちは・・・。

ISBN978-4-434-14991-7            判A4横変形 本体価格 1200円